- 木俣ロバート久の weblog

木俣ロバート久の日々の記録

単独のまとまった記事としての話題ははてなブログの木俣ロバート久の覚書に書いています

先月のまとめ

以前行っていた 月初に先月のまとめを書く のを再開した、がここに書く内容は特になかったので特になし

内容がなくても何か書くことで文を書く習慣をつける方法もあるがこの日記は書くことがないときは書かない方針なので特になしで良しとする


Steam 版の Final Fantasy I Pixel Remasterをクリア

だいたい11時間くらい

明日から II を遊ぶ

新型コロナウイルスのワクチン接種の予約が全然できない

出来ている人もいるので努力が足りないといえばそうなのだろうが今のところ空いている時間に予約サイトを見ても全部埋まっている状態

努めて前向きに表現すれば自分の住む地域ではワクチン接種が最大効率で行われている証拠でありワクチンを接種できなくても私の感染の可能性は下がりつつある

そもそもたったいまワクチン接種できたところで90%予防と言われる免疫獲得は1か月と2週間後だし、ワクチン接種により免疫を獲得しても関東の感染者は増える一方の今、何にせよ自衛は続けるべき状況だが

今のところ年内にワクチンが打てればいいなくらいの気持ち

VOMS .net | Videos : 宇宙やばいラジオ(仮)

元々Minecraftの実況を見ていたハヤシさんが本業の天文学者として宇宙について語っている宇宙やばいラジオ(仮)の存在を知り2週間程度で全部見た

知らなかった話もあるし雑学レベルで知っていた話もあるが、それらを体系立てて説明して貰えていてとても面白い


Steam 版の Final Fantasy II Pixel Remasterをプレイ中

ミンウが加入した所でキャラクターのHPと魔法のスキル上げをしフィンの町でキャプテン狩り

キャプテンに安定して勝てるようになったらミシディアまで遠征して魔法と装備を整える

と言うお決まりの序盤のキャラクター強化を行ってストーリィを進めるダンジョンはたたかうのみで済む状態

FC版では素早さが低くパンデモニウムで敵の状態異常攻撃を回避できず詰んでしまっていたので今回は素早さを重点的に上げている

素早さは回避率が高い状態で戦闘に勝利すると上がるので常に盾を装備している

ちなみにFC版ではステータスが下がることもあった気がするが Steam 版では今のところステータスダウンは見ていないので全パラメーター99のキャラクターも育成できるかもしれない

諦め半分で会社からの帰宅中にiPhoneから防衛省・自衛隊:大規模接種センターの東京センター予約システムを開いていたら新型コロナウイルスのワクチン接種の予約が取れた

予約に苦労し気を揉みはしたが結果として9月上旬に2回目の接種をし、9月末頃にワクチンによる免疫が獲得できる見込みとなった

とはいえ完全な予防ではないしデルタ株の感染力は非常に高いという話なのでワクチン接種後も流行そのものが収まるまでは引き続き自衛を続ける必要があるが

モデルナ社製の新型コロナワクチンの接種をしてきた

接種前を含めて当日複数回検温をしたがすべて 36 度台で平熱

接種した個所に若干の張りと違和感があり、圧迫したり腕に力をいれたりしたら多分痛くなるだろうと言う感覚はあるがその程度

ワクチン接種後24時間たってから猛烈に目が痒くなってきた

スギ花粉の時のアレルギィと大変良く似ているのでアレルギィ性粘膜の炎症だと思う

顔を洗っても全く軽減されなかったのでハウスダストなどではなく恐らくワクチンのアレルギィ反応

体温は最高で 37.0 であり健康の範囲のため様子見


Steam 版 Final Fantasy II Pixel Remaster

大戦艦を爆破して船を手に入れて飛竜の卵を手に入れるところまで

素早さは50前後まで上がっているので後は装備の重さを意識して軽戦士として育成していけば良さそう

ワクチン接種から 48 時間程度経つが断続的に目が痒くなる

痒さは時間と共に減衰しているように感じるが続くようなら抗アレルギィ剤や炎症止めの解熱剤の服用を検討してみる

夜、ワクチン接種箇所が痒くなってきて掻き毟りたくなるが多分しない方がいいので我慢

なお、腫れ、赤みなど見た目の変化はなし

入眠時点でワクチン接種からおよそ 60 時間経過

軽微な目の痒みはあり、また、接種した箇所を圧迫すると軽い痛みがあるので接種箇所を下にしない寝相で睡眠

起床時点でワクチン接種から 65 時間程度経過、副反応なし、平熱

昼ごろ 72 時間経過、副反応なし

元気なので経過観察終了

ただし今回目のかゆみなどアレルギィ性と思われる粘膜の炎症が起こったことは2回目接種時に医師に申告する事