- 木俣ロバート久の weblog

木俣ロバート久の日々の記録

単独のまとまった記事としての話題ははてなブログの木俣ロバート久の覚書に書いています

今年の夏期休暇は毎週木曜日で申請

時節柄どこかに出かけるでもなく個人的な事務仕事かFF XIVの予定


2020年07月02日から2020年08月02日までの東京都内SARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ

東京都 新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - データセット - 東京都オープンデータカタログサイト

東京都の新たな陽性患者確認数の発表は連日数百人の状態で昨日は 300 人を切った聞くと少なかった気がしてくる始末

引き続き自衛

新型コロナウイルスの対策としての三密に加えて喋らないが重要らしい

日常会話で発生する程度の飛沫でも危険な一方、換気の良い場所で黙っている分にはクラスター感染発生の危険性は低いらしい

通勤電車でのクラスター感染発生の話は聞かないし、例えば映画館での映画鑑賞などはそんなに危険ではなさそうだ

不要不急の趣味なので実際行くかは悩みどころ

まあ、ヱヴァンゲリヲン新劇場版 𝄇が公開されたら観に行くんでしょうけれども

所で音楽記号の Right Repeat Sign (反復記号の右側の (終端) 記号) "𝄇" は調べてみたら Unicode で 1D107 だった

言い方が良くないが SARS-CoV-2 陽性患者確認数をみて毎日一喜一憂するのに飽きた

ワクチン打つか特効薬登場するか終息するまで感染者数がどうであれ用心して自衛するしかないのだからやることに変わりはない

久しぶりに話が通じない相手に話が通じると思って話をしてしまい落差でストレスを感じてしまった

相手の知性の問題ではなく文字通りに話が通じないと言う話

更に抗議して事を大きくするには些末だったので、例によって期待しない、関わらない、距離をとる対応になる

完全に無関係になれない相手なので徐々に悪化しないよう自分は同じ土俵に下りずに礼儀は弁える必要があるがその程度は仕方あるまい

翻って自分がそういう態度を誰かにとって呆れられたり諦められたりしていないか見直すには良い機会である


やせましょう 40歳漫画家が半年で15kg本気(マジ)ダイエットした記録 (イブニングコミックス) Kindle版 を購入

いつの間にか発売していたというか、見落としていたので購入

面白いし、興味深いし、参考になる

マンガの話から一旦離れるがそもそも一般に減量の話は雑な事が多い

最終的には消費カロリイ > 摂取カロリイの関係を保っていれば痩せると言う事は大勢の同意を得られると思う

まず体重と言う概念自体が実は雑で健康に対する指標の一つに過ぎない

体重など計量直前に水を飲んだり、逆に排泄したりすれば多少は変わるものである

更にカロリイも雑で消化されやすいかどうか、吸収されやすいかどうかなどを無視して発熱量だけで語れる便利ではあるが雑な指標に過ぎない

更に、対象者が健康的な状態か、痩せているか、太っているか、内臓機能は万全か、体質的に太りやすいか痩せやすいかなどの要素も治療目的以外の場合大抵無視される (治療目的の場合ですら無視されることがある)

つまり減量の話は非常に個人差が大きい個別の問題を一括りにした上に雑な指標で語られる事が多い、或いは個人の体験が然も人類全体に応用可能であるかのように語られる事が多い

やせましょうに戻るが、基本的に著者の小林銅蟲氏が小林銅蟲個人の体験レポートとして描いているので話の等身大の規模としてあくまでサンプルの 1 つとして参考にできる

しかも、自分ならやらないような極端な行動のレポートなので突き詰めるとどうなるかと言う知見も得られる

と言う意味で非常に面白いし、興味深いし、参考になる

どういう行動が感染に繋がるか、繋がらないか分かってきたので、非常事態宣言以降ずっと自衛の為に行っていなかった外食を最近徐々に再開している

居酒屋に久しぶりに行ってみるとテーブルの間にビニルシートなどの仕切りが吊るしてある店、そうでない店、また客が相変わらず店内で客が大声で話している店、そうでない店など色々ある

開店直後などできるだけ他に客が居なさそうな時間に、感染の可能性の低そうな店の利用を再開していきたい

必ずしも店側の問題ではないのだが、例えばこの期に及んで客が大声で会話している店は引き続き自衛の為に利用を控える

クラスターフェスなる SARS-CoV-2 はただの風邪だ、マスクは要らないし濃厚接触してもよいと言う集まりが渋谷であったそうだ

SARS-CoV-2 がただの風邪であっても、流行期に感染拡大を招くような活動は言語道断です

個人的にはもっと早い段階でこういう活動が起こるかと思っていたが案外遅かった

恐らく 4 月から 5 月の緊急事態宣言時の自粛で相当に抑え込みが出来たので自粛への不満や批判が表面化するまで時間が掛かったのであろう

各個人の判断としてはどの道感染は避けられないと覚悟した場合、感染予防の自粛は無駄と考えるは短期的に合理的であろう

その結果クラスター感染が発生し感染者数の増加が医療などの許容量を大幅に超過する状況になるとそのような判断をした個人を含め全員が大きな被害を受ける事になるが

2020年07月10日から2020年08月10日までの東京都内SARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ 2020年03月11日から2020年08月10日までの東京都内SARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ

東京都 新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - データセット - 東京都オープンデータカタログサイト

新規感染者減ったかと思ったが連休明けの発表だしそもそも 200 人超えは多い

単なる新規感染者すうより再生産数が大事だがクラスターフェスもあったのでどうなる事やら

から感染者数が一気に増えても驚きはしない状況


来週と言う表現を HTML 文書の中でするにあたり time tag の datetime 属性値のため ISO 8601 の週番号を計算しようしたが、.NET に専用の ISOWeek class が存在した

ISOWeek クラス (System.Globalization) | Microsoft Docs

PowerShell で週番号を計算する場合 [Globalization.ISOWeek]::GetWeekOfYear([Datetime]$DateTime); こんな感じ

夏期休暇

今年は毎週木曜日に夏期休暇を申請しており既に に休んでいる

今日も休みで 1 日中FF XIVを遊んでいようかと思ったが数日前にマイナンバーカードの電子証明書の更新の封書が届き、 までに区役所に行って手続きせよとのこと

封書には誕生日の 3 か月前から手続きが出来るとも書かれていたが、ならばもう少し早く教えて欲しくはあった

今年は新型コロナウイルスなどで役所の忙しいのだろうと思うし、そもそも教える以前に自分で管理する話なのかもしれないが

ちなみに手続きは大した時間もかからず簡単に終わった、カードそのものの更新もなし

5 年後にもう一度更新があり、その際にはカードそのものを作り替える必要があって写真なども取り直しになるそうだ

憶えてないと思うけれど

例年だと誕生日近辺に実家の家族と食事会などをしているが今年は勿論自粛

単に外食だけなら個室のある焼き肉屋に開店直後で予約を取るなどすればほぼ安全と思うが、当日の移動を含め家族全員が 2 週間遡って安全と言えなければ結局は安全と言えず、元から同居している家族以外と会うことが出来ない状況

何をするにも一々それ自分や家族の命や健康を賭ける程大事か自問する必要があるのがなかなか厳しい

人間ドックを受診した

30 歳と 40 歳以上で受診なのだが色々あって私は 2018 年から受け始めたので 3 回目

結果は 3 週間後くらいに来るのだが身長 164.5cm、体重 68kg は健康診断を受けるまでもなくちょっと重いので 5-10kg 程度落としたいところ

と思うだけで何もしていないが

終わって最寄り駅に着いた時点で丁度お昼時だったのでラーメンを食べて帰った (さては痩せる気がないな?)

2020-03-11to2020-08-26.svg 2020年03月11日から2020年08月25日までの東京都内SARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ

“「Go Toトラベル」延べ420万人が利用” 赤羽国土交通相 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

Go To キャンペーンについて地方に感染爆発をもたらすと批判していたが、結果として (グラフは東京だけのものだが) 日本は感染第二波を乗り越えつつあり、一定の経済効果もあったようだ

の様な極端な自粛はしていないため一気に下がることはないだろうし、根本解決をしていないの以上この後も第三波、大四波はあるだろうが私の批判は的外れだった

とは言え運の要素も多分にあったと思っているので私の懸念までもを否定する気はなくこの先も懸念はしていく

懸念しつつ、より多くの知見を元に自衛をし、感染を拡大させずに経済を回す生活を模索する