- 木俣ロバート久の weblog

今年の連休は概ねFF XIVを遊んでいました

やっていない人には何のことやらさっぱりですが、ただいまIL486で希望の園エデン零式: 共鳴編 第一層を練習中です


WunderListがサーヴィスを終了してしまったのでとりあえずMicorosoft To-doに予定を移動

しかし、Micorosoft To-doの使い勝手が今一つ良くなく、別なto doアプリを使うかどうか検討中

Micorosoft To-doのどこが機能不足と言う訳ではなく、なんとなく触っていて直感的に操作できてない、と言う状態なので慣れの問題かも知れずとりあえず様子見


2020年03月10日から2020年05月06日までの東京都内SARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ

東京都 新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - データセット - 東京都オープンデータカタログサイト

連休中の東京都の陽性患者の発表数は一進一退の状態

緊急事態宣言は延長されたが今後どうなる事やら

欧米諸国に比べて日本の何が良かったのかよく分からないが、暗数がそれなりにあると考えた上で結果として良く踏みとどまっていると思う

FF XIV開始1周年

まあ別に何かする訳じゃないのですが


なんだかんだで出社していますが、今朝はいつもより乗車率が高かった印象

とはいえCOVID-19騒動前の超満員には程遠く、乗車率100%前後 (座席は埋まり、つり革も概ね使われているくらいの状態) といったところ


最近自炊を多くしているがなんだかんだで食塩に頼ってしまうので柚子胡椒と味の素を買ってみた

味の素、使ってみたら薄かった

根本的な話として薄味に慣れるか

今robert.kimata.infoの更新の流れは以下の通り

  1. Visual Studio Codeでmarkdownファイルを更新
  2. Visual Studio CodeでPowerShell実行して静的なサイトを作成
  3. Filezilla でサーバーにHTMLを転送

ファイル転送もVisual Studio Codeのterminal上でできれば楽なのでまず環境を整える


robert.kimata.info が存在する xrea.com のサーバーはSSH接続できるIPに制限をかけているので許可を取る

  1. XREA Control Panel にログイン
  2. サイト設定を選択
  3. ツール/セキュリティーを選択
  4. SSH接続IP許可を選択

動的なIP環境のユーザーの為にSSH接続IP許可を自動化するAPIも用意されているらしいが後回し

5分くらいで設定が反映されるそうなので、暫くしたらterminalから ssh -l $account $hostName; とコマンドを実行

$account は XREA Control Panel のFTP接続の設定欄で確認できるもので、$hostName は xrea.com の場合 sXXX.xrea.com というサーバー名

初めての接続先サーバーの場合 この接続先は信頼できるのか と聞かれるので各自フィンガープリントとか確認

続いてパスワードを聞かれるので $account に対応するパスワードを入力

接続できると -bash-x.x$ と言うプロンプトが出る

x.x は多分bashのバージョン (bash --version で確認したら一致してた)

接続を切るときは quit コマンド


次に公開鍵認証方式でSSH接続するための準備

公開鍵/秘密鍵ペアを用意しておく必要があるので昨年3月にWindows 10にOpenSSHを入れてGitHubに接続した時の記事を参考に鍵ペアを作成しておく

つづいて、対象サーバーの .ssh フォルダに公開鍵を格納する

$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ cd .ssh
$ touch authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys
# 今作成した authorized_keys に公開鍵の内容のテキストデータを入れて保存
-bash-4.2$ exit

.ssh のパーミッションは 700 (-rwx------)、authorized_keysのパーミッションは 600 (-rw-------)

.ssh は実行権限が要らない気がするので 600 でも良い気がするのだが未検証

これで ssh -i ~/.ssh/id_rsa $account@$hostName; と打てばSSHに公開鍵認証で接続できる

接続切るときは exit コマンド

ホストの情報はローカル (秘密鍵を保存している) の .ssh フォルダ内の config ファイルに新しいホストの情報を追加しておくと便利

Host example.com
  HostName $hostName
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
  User $account

これで ssh example.com; と入力すれば公開鍵認証でサーバーにSSHで接続できる

昨日に引き続きSSH接続によるサイト更新の自動化

SSH通信できるようになりレンタルサーバー上のbashが叩けるようになったので次はファイル転送

私はbashはさっぱりなので検索してみるとファイル転送は scp コマンドか sftp コマンドを使うらしい

とりあえず sftp コマンドで sftp example.com として接続を試みる

接続できればコマンドプロンプトが sftp> となる

試しに ls コマンドなどで接続先を確認してから sftp> get $filename などとしてファイルダウンロードしてみて確認

接続切るときは quit


ここまで延々と書いておいて何だが、ローカルのフォルダとサーバー上のフォルダの動機を取る場合、素直にFilezillaを使うか、Visual Studio Codeで作業を完結させたければ拡張の SFTP - Visual Studio Marketplace を使うか、gitでソースを管理しているならgit-ftpが便利らしい

今回これに掛ける時間が尽きたので続きはとりあえず後日

残タスク

WindowsのPowerShellは実行したコマンドの履歴保存している

(terminalの実装次第だと思うが) 1文字目を入力したら過去履歴から候補を表示して補完してくれるのは定期的に同じコマンドを入力する身としてはうれしいが、間違ってパスワード等を素のコマンドプロンプトに打ち込んでしまった場合、1文字目が一致する入力を書くたびにパスワードが候補として表示されるのはよろしくない

調べた所 %appdata%\Microsoft\Windows\PowerShell\PSReadline\ConsoleHost_history.txt に平文の plain/text で保存されていたのでここから問題となる入力を消せば履歴からも消える

他のOSなど違う環境でどうなっているかは知らない


Visual Studio CodeのSFTP拡張を使ってみたが上手く繋がらない

SSH接続もSFTP接続もできているのでサーバー側の公開鍵の保存やパーミッション、portの空き状況に問題はないと思いつつ .vscode/sftp.json の設定を色々変更しながら確認中

既に使っているFilezillaの方を公開鍵/秘密鍵ペアを使って接続する方向で作業を進めてみるか

現時点で既にFTPS/TLSで接続しているので安全性が増すわけではないと思うが

2020年03月10日から2020年05月17日までの東京都内SARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ

東京都 新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - データセット - 東京都オープンデータカタログサイト

この数日東京都発表の新型コロナウイルス陽性患者数が1桁台になっているが、実際の感染に対して1週間から2週間程度の時間差があると思われるので連休開けの現時点でどうなっているかは誰にも分からない

SARS-CoV-2は兎に角厄介だ

COVID-19が病名、SARS-CoV-2がウイルスの名称だそうだ

過去に無症状だがPCR検査の結果ウイルスが検出された人をCOVID-19陽性と言ってしまっていたがこれは誤りだったのでウイルスを指して発言している箇所は過去に遡ってSARS-CoV-2に訂正する

Microsoft Build 2020が開催されて色々発表されている

個人的にはWSL2がLinux GUIアプリの実行に対応する (Adding Linux GUI app support to WSL is on our roadmap) と言う話に興味がある

とは言え自分はUnix系OSはさっぱりの人なので (他OSもさっぱりだけど) 技術的な部分が判ってない

These apps connected to a wayland server running inside of WSLとのことだがそもそも私はwaylandを知らない

軽く調べたところでは wayland は X11 や X Server とは違う概念の物で、wayland のserver が動いて RDP で client 側 (Windows 側) とやり取りするらしいが、付け焼刃の知識で今の所さっぱり

WSL2のLinux GUIアプリ実行自体については These changes are on the WSL’s team roadmap and you can expect to hear more about this work by holiday 2020. とのことなので年末の続報に期待

2020年03月10日から2020年05月20日までの東京都内CSARS-CoV-2陽性患者確認数の折れ線グラフ

東京都 新型コロナウイルス陽性患者発表詳細 - データセット - 東京都オープンデータカタログサイト

緊急事態宣言前の件数まで下がってはいるが緊急事態宣言前もイベントの自粛や学校の休校などあった上での数字であるし、まだまだ油断できない状況

感染拡大から検査による検知まで2週間程度の時間差があり、発症前にも感染力が高く、更に自覚症状が出ず感染を広めてしまう人も出るというSARS-CoV-2の性質が本当に厄介

しかもそれで無害なら放置できるのだが放置できない程度に有害

Plague Inc. -伝染病株式会社- で言う感染拡大に必要な条件を一通り揃えているような厄介さだ

勿論これは Plague Inc. -伝染病株式会社- が非常によくできたゲームだったという話だが