- 木俣ロバート久の weblog

木俣ロバート久の日々の記録

単独のまとまった記事としての話題ははてなブログの木俣ロバート久の覚書に書いています

1 日なので今年の目標の進捗状況

になったら半年経過と言う事で改めて計画を立て直そうと思います

続いての振り返り

FF XIV にかなりの時間を費やしている状況

面白いので良いのですが、このペースは続かないだろうなあ

メインシナリオが追いつく所までは突っ走ってそのあとまったり勢になるつもりですが、FF XIV は patch release がそれなりにあるのでずっとメインコンテンツを追い続けることになるかも


映画プロメア鑑賞

今石洋之監督、中島かずき脚本作品と言う事で天元突破グレンラガンキルラキルの様な作品を期待して見に行って、完全に期待通りのというか期待以上というか、こちらが耐えられないほどの熱量の作品が出てきて、疲れた

傑作であること自体は間違いないですが、テレビアニメで言えば 1 クールか 2 クール位かけてやる熱量を 2 時間映画にぶち込んだので脳が全然休まらない感じ

映画名探偵ピカチュウGodzilla: King of the Monsters 鑑賞

両方とも面白かったのですが、ゴジラが昨日のプロメアに続いて脳を休ませてくれない内容でこれまた疲れた

面白いのは間違いないです


FF XIV は Patch2.1 のメインシナリオ終了の所まで

MMO なので無限に遊べるように設計されているのですが、それはそれとして一般の RPG と比べて遜色ない量のシナリオがあり、追いつくのも大変な感じ

ガールズ&パンツァー最終章第 2 話鑑賞

島田愛里寿再登場 (と言うか準決勝か決勝で当たるフラグ)

新西住流は相変わらずえげつないので対戦相手には頑張って欲しい所


最近、鑑賞した映画のメモ帳みたいになっていますが、それはそれで (評論する能力はないのでそういうのは書けないと思いますが)

ちなみに来週は劇場版光のお父さん、再来週はスパイダーマン: ファー・フロム・ホームを見る予定です

最近FF XIVをやっているしと言う事で劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんを鑑賞

テレビドラマ版を見ている時はFF XIVをやっていなかったので気づかなかったゲーム内の小ネタなどが楽しめた一方、劇場版では演出でやっているけれどゲーム的には全く意味がない動きなどが気になる様になったりとか

話自体は人間ドラマが中心で (ただし、その人間ドラマが実写パートとゲーム内パートに分かれているが)、ゲーム内パートではゲーム性に関わる部分が殆ど出てこないので Final Fantasy 知らない人でも楽しめるのでは、と思う次第

スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム鑑賞

面白かった

もう完全に脚本家の掌の上だったのですが、ネタばらしになるのでここでは書きません