Section CSS Test.

Robert.KIMATA.info の sectioning 系要素の CSS test page.

この文書はCSSのスタイル確認を目的としているため、文章構造を無視してテストケースのための markup が行われています

pre 要素

This text is Preformatted.
この文は整形済み。

pre.parent-of-code

text/plain

x^2 = 1

html

x<sup>2</sup> = 1

CSS

:root {
  --small-font-magnification: 0.71;
}

sub,
sup {
  font-size: calc(var(--small-font-magnification) * 1em);
}

MathML

<math>
  <msup>
    <mi>x</mi>
    <mn>2</mn>
  </msup>
  <mo>=</mo>
  <mn>1</mn>
</math>

PowerShell

[String] $excelFilePath = "./example.xlsx";
[MarshalByRefObject] $book = $excel.Workbooks.Open($excelFilePath);

JSON

{
  "link": [
    {
      "rel": "stylesheet",
      "type": "text/css",
      "title": "Robert.KIMATA.Info Style",
      "href": "./style/robert.kimata.info.css"
    }
  ]
}

aside 要素

address 要素

example.com: test@example.com

address in footer

サイト下部参照

スタイルを指定ししていない要素

特にStyleを指定していないため全称セレクタによる指定とデフォルトスタイルとの相性を確認

article、section、nav 要素

article 要素内の文章


section 要素内の文章


nav 要素

main 要素

main 要素の中の文章

footer 要素

処理系の都合で footer 要素は1つの文書に1としているため画面下部 address 要素の親要素の footer 参照

仕様では各 section 系の要素に footer の情報があればそれらは各々 footer 要素になるため、処理系の仕様 bug である